topback01-01

幼稚園入園にあたって

身のまわりにおもちゃがあふれ、食べ物もスーパーで全部そろえることができる時代です。こんな時代に育つ子どもたちは、本当の豊かさを知ることができるでしょうか。自分で考え、感性を伸ばし、好きなことに夢中になる。物や知識で得られる喜びでない、本物の喜びを体験することができる手づくりの保育、そんな幼稚園を目指しています。
子どもは幼稚園に入らなくても育ちます。
しかし、幼児期は生涯でほんの一時しかありません。だからこそ、幼児教育の原点をしっかりと見つめる幼稚園が必要なのです。大地から芽を出して大空へたくましく育つつくしんぼのように、たくさんの光と水分を吸収して元気な子に育ってほしいと願っています。
私たちは今日も子ども達への努力を惜しみません。子ども達の健やかな成長のために、日々、全力で取り組んでいます。
                              つくしの幼稚園 園長 川崎 永

↑To Top

教育目標と教育方針

創園以来、おおらかで明るく、素直な子育てを・・・の思いで、以下の目標を掲げてまいりました。
丈夫な心とからだ、そして豊かな感覚とたくましい『生きる知恵・力』を身につけた、バランスのとれた子育てを理想に、毎日の保育に努力しています。

 教育目標

 ・ 丈夫なこども
 ・ 素直なこども
 ・ 進んでとりくむこども
 ・ こころ豊かなこども

↑To Top

 教育方針

積極的な園外活動
積極的に園外に出かけて、自然とのふれあいや社会との関わりを実践的に体験させます。自然や動植物とのふれあいからは、生命の不思議やさまざまな発見の喜びが。道路を渡ったり、街を歩くことで社会の中の自分たちを自覚するとても良い機会です。
集中して取り組む創作的学習
リズム体操や絵画、歌唱などの創作学習を通じて、集中して物事に取り組み、完成させ、発表する喜びや大切さを学びます。「やってみたい」という子どもの自主性を第一に、一人ひとりの個性を大切にし、幼児期の自由な感覚や可能性を大きく伸ばします。
遊びながら、楽しく基礎体力作り
専門の指導者のもと、さまざまな運動や外遊びのなかでのびのびと体を動かし、幼児期に必要となる基礎的な体力作りを目指します。上手にできることより、楽しくしっかり体を使うことを教えます。
情操・共感の心をはぐくむ行事教育
保育の節目となる年間行事の参加を通じ、集団生活に大切な協調性や、他者への思いやりを培います。また、四季の季節感を大切にした歳時記的行事では、日本の伝統文化や和の心を子ども達に伝えます。

↑To Top

「つくしの」の名は「つくしんぼ」から

園の名前「つくしの」は、大地にしっかり根をはり、大地にむかってたくましく伸びる「つくしんぼ」のように育ってほしい・・・との願いが込められています。
様々な運動や外あそび、リズム表現や絵画などの日頃の創作活動、また自然とふれあう戸外活動や集中してがんばる運動会、音楽会などをとおして、じょうぶで素直なからだと心、柔らかい感性が養われます。

↑To Top

入園ガイド

幼稚園アラカルト

幼稚園をビデオでご案内

幼稚園イメージビデオです

就職イメージビデオです