topback04-00

つくしのQ&A

幼稚園説明会などでよく聞かれる質問をまとめてみました。

Q1.保育時間は何時〜何時までですか

● 登園時間 8:30〜8:55
● 降園時間 月曜日〜金曜日14:30
● パス利用者は別の時間になりますが、登園時間等が大幅にずれないようになっています。

↑To Top

Q2.通園バスはどこまで行っているのでしょうか

通園バスは3台運行しています。現在の範囲は、新戸・磯部方面、座間・入谷・緑が丘・立野台・栗原中央・相模ケ丘・相武台方面、相模台・相武台団地方面です。
年度初めにバス利用者を確認した上で路線決定をし、停留所はその都度設定するようにしています。
(交通事情と安全が許す限り、自宅の近くに停留所を設定します。)

↑To Top

Q3.自家製給食と聞いていますが

お弁当は月曜日、給食は火・水・木・金です。
内容は仕出し給食〈弁当)のような加工品や、冷凍食品は極力使用せず、すべて当日搬入の当日調理です。
内容は園児の好みを考慮しながらも栄養のバランスがとれたおかずや汁物・デザート、米飯・麺(主食)になります。
個人差の大きい時期の幼児には最適な方法と考えています。
保護者対象の試食会も実施していますが、とても好評です。
好き嫌いではなく体質上食せない幼児(食物アレルギー)にはできる範囲で対応します。
味覚からも旬のものを取り入れ、また、熱いもの、冷たいものなど日々最良のものが食ぺられるよう努力しています。

↑To Top

Q4.3年保育からの入園は少し早いように思うのですが

一般的に、幼児は3才位から自我の芽生えと共に友達遊びを盛んにしたがります。
それまではお母さんだけで済んでいた遊びにも少しずつ飽きてくるようになり、ルールのある遊びや仲間がいなければ成立しない遊びなどに興味を持つようになり、動きが活発になってきます。
その時期が3才児入園の頃になるようです。
つくしの幼稚園では、3才児保育の大切さを考えた実践に取り組んでいます。
ベテラン教師により、一人ひとりに暖かい援助をし、月齢差の太きいこの時期に、きめ細かい保育を心掛け、のびのぴとした雰囲気の中で楽しい毎日を過ごしています。

↑To Top

Q5.文字や数字はどのように指導してますか

文字や数字に限ったことではありませんが、園児が取り組む課業的な活動は常に楽しく計画的に喜んでできるように配慮しています。
したがって、文字指導などは押しつけて指導することのないように心がけ、遊びや生活の一貫として扱い(日付、時計の活用)文字や数字に興味、関心が高まるように考えています。
年長児には、絵本の貸し出しをして、生活の中で文字に親しめる様にしています。

↑To Top

Q6.入園後の幼稚園への連絡はどの様にしているのですか

子どもが幼稚園に行ってしまえば帰ってくるまで、子どもの様子は全くわからなくなります。そういったことを少しでも解消するために持ち物、体調の確認、成長段階で気づいたこと、園での様子などを「れんらくノート」で担任と保護者が緊密に連絡をし合います。
園と家庭は車の両輪です。どんな些細なことでも「れんらくノート」を使用して、スムーズな園生活が送れるよう配慮しています。
また、内容によっては電話連絡もします。

↑To Top

Q7.延長保育はありますか

 8:00〜 8:30  モーニングクラス(早朝保育)無料
14:30〜18:00  アフタークラス(延長保育)有料

↑To Top

Q8.幼稚園の見学はいつ行っても良いのですか

いつでも大丈夫です。特に午前中(10時〜12時)は幼稚園の様子をゆっくりご案内できます。
但し、園外保育(バスや徒歩で近くの公園など)に出かけることが多くありますので、前もってご連絡ください。

↑To Top

Q9.保護者が幼稚園のお手伝いをすることはありますか

保護者が園の行事をお手伝いすることを目的に園に来ることはありません。
ただし、保育参観や発表会など、子どもの成長を見るために参加していただく活動や行事はあります。

↑To Top

幼稚園アラカルト

幼稚園をビデオでご案内

幼稚園イメージビデオです

就職イメージビデオです